移住体験談常盤良彦
(株)Oaraiクリエイティブ マネジメント代表取締役

常盤ときわ良彦よしひこさん

PERSONAL DATA
  • 神奈川県寒川町出身
  • Iターン型
  • 職業:(株)Oaraiクリエイティブ マネジメント代表取締役
  • 大洗町勤務

大洗は小さなおせっかいが大好きな街

ノープランで移住した茨城での出会い

大洗町を舞台にしたアニメ、ガールズ&パンツァーの仕掛け人のひとりでもあり、大洗まいわい市場の共同代表を務める常盤良彦さん。そんな常盤さんは神奈川県寒川町の出身です。当時、某自動車ディーラーのトップセールスマンとして活躍していた常盤さん。神奈川県で家も建て、順風満帆な生活を送っていました。しかし、茨城出身の奥さんの希望で茨城での生活を選択。何も手に職のない常盤さんは、なんのつてもないまま茨城へ。そこでPCを使ったデザインを独学で勉強した常盤さん。まだまだWindowsでのデザインが珍しかった時代に率先してチラシやメニュー製作を受注し仕事につなげました。

常盤良彦さん

全く異業種へのチャレンジの連続

奥さんの実家が大洗町で肉屋を営んでいたこともあり、常盤さんが次にチャレンジしたのはとんかつ屋さん。美味いとんかつを調べ、食べ歩き、とんかつ専門店クックファンを立ち上げます。しかし、立ち上げてからも試行錯誤を重ね、たどり着いたのは「お母さんが作ってくれたとんかつが美味しかった」という結論でした。日本全国の銘柄豚を調査し、そのお母さんが作る究極のとんかつを徐々に完成させていきます。そんな中、地元商工会や青年会議所に所属。同世代の仲間を得る中、同じ志を持つ仲間で『茨城の魅力を自分たちが率先して発信していこう』をキーワードに大洗まいわい市場を立ち上げることに…。

常盤良彦さん

ホップ・ステップ…からの震災で

農業・漁業・地元のお土産が集まった道の駅のようなお店が大洗に欲しいと立ち上げた大洗まいわい市場。全国のビジネスモデルを参考にしながら、右肩上がりで業績を伸ばして行きます。いままでにないビジネスモデルを作り出し、いろいろなことに挑戦しました。しかしその直後、東日本大震災に襲われることに…。復興イベントを重ねる中、アニメ「ガールズ&パンツァー」の話が舞い込みます。信頼できる仲間を一本釣りして秘密裏に動き始めます。ラッピング電車やバスも当初は自分たちでステッカーを手貼り。アニメ公開とともにガルパンが徐々に街に浸透していきました。

常盤良彦さん

移住した先で大切なのは仲間

現在、ガールズ&パンツァーの仕事は主たるもの以外は他の方にもどんどん任せているという常盤さん。なにもあてのなかった移住当初から大きく変わったことは、自分を支えてくれる仲間がたくさんできたことだと言います。「地元の人に嫌がられるかな?」と不安になるくらい人に頼った方が良いと話す常盤さん。特に大洗町は先輩による後輩の面倒見が凄く良い街だと言います。工業や商業は横の連携がとれているので、中に入って自分が尽くせば、それが自然と自分に良い形になって返ってくるのだと。とにかく移住先での成功は仲間が握っているとも…。まず、周囲に頼まれたことがあればやってみる…。それがつながっていくのが田舎移住での成功の鍵かもしれません。

tokiwa_01 常盤良彦さん
常盤良彦さん
常盤良彦さん
常盤良彦さん
常盤良彦さん
常盤良彦さんが働いている大洗町の情報はこちら