移住は人生において大きな決断です。移住後の生活も十分に考慮して、無理のない計画を立てていきましょう。
例として、以下のような手順で移住についての計画を進めてみてはいかがでしょうか。

step1

なぜ移住をしたいのか、明確にしてみましょう。

あなたはなぜ移住を考えはじめましたか?
「農家を目指したい」「地方創生に一役買いたい!」「豊かな自然の中で子どもをのびのび育てたい」など、理由はさまざまだと思います。大切なのは、その目的や理由をはっきりとさせておくこと。ただボンヤリと思っているだけでは、地方といえどもなかなかうまくはいかないものです。先輩の体験談等も参考にしてみてください。

「先輩に聞く!移住体験談」はこちら
yajirushi
step2

家族やパートナーと話しあいましょう。

なぜ移住したいのかが明確になったら、家族やパートナーに相談してみましょう。きっと、あなたの熱い想いをしっかりと受け止めてくれるでしょう。
ただし、考え方は人それぞれ。すべてを自分だけで決めてしまうのはもってのほかです。
みんなが幸せに移住できるように、その時期や資金のこと、定住するか二地域居住にするかなど、あせらずに時間をかけて話しあいましょう。

yajirushi
step3

地域の情報を集めてみましょう。

すでにここまでの段階で、希望の地域の情報は収集してある、という方も少なくないと思います。しかし、家族の同意ももらってさらに一歩踏み出すことになると、より現実的なことなども知りたくなるはず。移住したい地域をが決まっている人は、下見も兼ねてその自治体の移住相談窓口を訪ねるも良いでしょう。
また茨城県では、都内に2ヶ所の相談窓口を設けています。ぜひお気軽にご相談ください。

「各種相談窓口」はこちら
yajirushi
step4

まずはお試し体験をしてみましょう。

「百聞は一見にしかず」といいますが、実際に体験してみれば、その地域に移住するということがより強く実感できることでしょう。「お試し居住」を実施している市町村もありますので、一度相談をしてみましょう。
また、県や市町村が実施する「体験ツアー」などに参加してみるのもおすすめ。同じように移住を検討されている方とも情報交換ができたりするかもしれません。

「お試し居住」はこちら
yajirushi
step5

住居や仕事を探しましょう。

計画が具体化していくにつれて気になるのは、やはり移住先の生活基盤となるお住まいとお仕事。
移住予定の自治体や「いばらき就職・生活総合支援センター」、そして地元の不動産業者に相談するほかにも、都内の「いばらき暮らしサポートセンター」「いばらき移住・就職相談センター」でもさまざまな相談をお受けします。(仕事の相談は「いばらき移住・就職相談センター」へ。)
ハローワークのインターネットサービスや各自治体の空き家バンク制度なども活用してください(空き家バンク制度は実施していない自治体もありますのでお確かめください)。

茨城県空き家バンク情報検索システム
yajirushi
step6

茨城で、新しい生活をはじめましょう。

いよいよ茨城へ移住。新生活のスタートです。
地方だからといって、近所づきあいをあまり意識しすぎることはありませんが、何かの時に身近に頼れる人がいると安心です。まずは大家さんやご近所の方へあいさつをしておきましょう。
最初は慣れないことだらけで、思ったよりも上手くいかないこともあるかもしれません。しかし、まだ第一歩を踏み出しただけ。あせらずにしっかりと茨城の土を踏みしめて新しい生活を楽しんでください。