茨城県5エリア地図

移住するならどこ?

茨城県は北部の県北、県都水戸市を中心とした県央、太平洋沿岸部の鹿行、伝統工芸が息づく県西、そして発展めざましい科学の街つくばを中心とした県南エリアに区分されます。ここでは、そんなエリアごとの特徴をおおまかにご紹介していきます。「田舎暮らしをはじめるなら?」「伝統工芸を継承したいなら?」…目的に合わせた移住をぜひ検討してください。

 

県北エリア 県北地図

県北エリア

ロケも行われる豊かな自然環境が魅力!

日本の工業発展の礎を築いた日立市を中心とした沿岸部と、八溝山系山脈の頂きに包まれる山間部に分けられる県北エリア。沿岸部は文化的にも非常に優れた地域で、北茨城は日本美術黎明期を支えた岡倉天心が興した日本美術院が移された場所であるとともに、日立市にはユネスコ有形・無形文化遺産に登録された「日立風流物」があります。もちろん、沿岸部ということもあり漁業も盛んで、この地域で獲れるアンコウやシラスは全国的にも非常に美味しいと高い評価を得ています。また、山間部は美味しさ日本一に何度も選ばれるコシヒカリの生産地としても有名。非常に農業も盛んな地域のため就農にはうってつけです。また、深緑の季節や秋の紅葉など、自然も豊富でアウトドアや温泉も楽しめます。

県北イメージ写真
県央エリア 県央地図

県央エリア

歴史や文化が薫る県の中心エリア

県都水戸市を中心とした県央エリア。高速道路、鉄道、茨城空港をはじめとした交通網も充実しているのが特徴です。水戸藩藩主徳川光圀公や徳川斉昭公の頃から代々受け継がれてきた歴史も魅力的。また、芸術や美術に対しても関心が高く、近代美術館を筆頭に、水戸芸術館、陶芸美術館など多くの施設が所在します。特に窯業地として有名な笠間は新人作家にとって聖地のような存在。笠間陶芸大学校が開校するなど、その支援も充実しています。ひたちなか市にはネモフィラやコキアの季節、日本4大ロック・フェスティバルのひとつであるROCK IN JAPAN FESTIVALに多くの人が訪れます。大洗町は全日本サーフィンやビルフィッシュトーナメントが開催される、マリンスポーツが盛んな場所としても有名。ラムサール条約に登録された涸沼も有しています。

県央イメージ写真
県南エリア 県南地図

県南エリア

都会的な街と自然を併せもつ

都会的な研究学園都市と筑波山などの雄大な自然を併せ持つ、つくば市を中心とした県南エリア。日本最高峰の「知」が集結するつくば市は教育に対する関心が高く、医療面でも非常に優れた街づくりが行われています。つくばエクスプレスの開通とともに、その沿線は都内への通勤も快適になりベッドタウンとしても人気。守谷市は都内から僅か32分ほどの距離に位置し、最も住みやすい街として選ばれるなど、つくばエリアの魅力的なライフスタイルは「つくばスタイル」として注目を集めています。また、土浦市は水陸交通の拠点として栄え、城下町の歴史あるまち。県南エリアは平地が非常に多く、古くから稲作が盛んです。そんな平坦な地域特性と都内からのアクセスの良さから、日本に2カ所しかないJRAのトレーニングセンターもあります。

県南イメージ写真
県西エリア 県西地図

県西エリア

農業と伝統工芸が盛んなエリア

広大な平野部に北関東自動車道の開通や、直近に迫った首都圏中央連絡自動車道の開通で、ますます企業立地が進んでいる県西エリア。日野自動車をはじめとした大企業の移転もあり、大きな雇用も期待できる地域です。そして、近代的な工業だけでなく、伝統工芸もしっかりと発展してきたのが県西エリアの特徴。特にユネスコの無形文化遺産にも登録された『結城紬』は、後継者育成のために茨城県工業技術センター繊維工業指導所にて11ヶ月に渡る後継者育成プログラムを実施しています。他にも有名酒造や桐下駄、真壁石加工なども後継者を育成しています。さらに、重要伝統的建造物群保存地区に選定された桜川市真壁地区の歴史的街並みや、鬼怒川・小貝川の水辺空間、多くの平地林など、多様な資源を活かした魅力的な環境が揃っています。

県西イメージ写真
鹿行エリア 鹿行地図

鹿行エリア

マリンスポーツやサッカーも人気

茨城県南東部に位置する鹿行エリアは琵琶湖に次ぐ面積を誇る大きさの霞ヶ浦を有する地域。全国的に見ても非常に格式の高い神社のひとつ鹿島神宮のある鹿嶋市をはじめ、工業都市神栖市、メロンの生産日本一の鉾田市、水郷潮来、肥沃な行方台地で豊かな収量を誇る農業のまち・行方市で構成されています。鹿島アントラーズのホームタウンということもあり、サッカーを中心にスポーツが盛んで、サーフィンなどのマリンスポーツも楽しむことができます。また、県の魚であるヒラメの最上の漁場としても知られ、全国から太公望たちが集結。霞ヶ浦ではバス釣りも非常に盛んです。加えて、東関東自動車道で成田空港はもちろん都内へのアクセスも快適。農業・工業・観光業など多彩な職場にも恵まれたエリアです。

鹿行イメージ写真