魅力度ランキングは低くても、茨城県は知ってみると実はとっても良いとこ!
茨城県が住みやすくて、暮らしやすい理由をデータに基づいてご紹介します。

 

住みやすい!

茨城県県央部から南部は関東平野が広がっています。そのため、冬場も大雪に悩まされることはほとんどありません。また、沿岸部特有の穏やかな気候にも恵まれ、非常に暮らしやすいと評判です。

温暖な気候

《年間平均気温》
13.6℃
※東京 15.4℃

《積雪日数》
12日
※東京 9.7日

温暖な気候

 

可住地面積

3,981.85㎢
全国第4位

一住宅当たりの住宅敷地面積

424.79㎡
全国第1位

暮らしやすい!

全国に誇る主要農林水産物(品目別産出額)

全国第1位

《農畜産物》鶏卵、メロン、ピーマン、芝、レンコン、ほしいも、みず菜、チンゲンサイ、切り枝、みつば

《水産物》えび類(内水面)、まいわし、さば類、あゆ、こい(養殖)

(注)水産物は漁獲量で比較(H26年)
農畜産物(H25年)

野菜

東京都中央卸売市場における茨城県産青果物のシェア(金額)

11年連続 全国第1位
(H16~H26)

 

充実した教育環境
  • 4年制大学…10(国立…3 / 公立…1 / 私立…6)
  • 私立短期大学…3
  • 国立高等専門学校…1
  • 高等学校…126
  • 県立職業能力開発短期大学校…1
  • 県立職業能力開発校…6
少子化対策
結婚

いばらき出会いサポートセンター
成婚数 1,474組
(H27.11末)

子育て

子育て家庭優待制度
協賛店舗数 5,752店舗
(H27.11末)

働きやすい!

働きやすさ

農業と工業がバランスした茨城県には、非常に安定した仕事があります。

1人当たりの県民所得
313.7万円
全国第4位

農業産出額

4,356億円
全国第2位

 

耕地面積割合

28.3%
全国第1位

過去10年間の工場立地面積

1,879ha
全国第1位

過去10年間の県外企業立地件数

362件
全国第1位

多彩なライフスタイル

日本最大級の
サイエンスシティ
つくば

サイエンスシティつくば

つくばには32の国等の教育・研究機関があり、20,431人の研究者がいます。ベンチャー企業も200社以上創出しています。また、国際会議も多数開催されており、2016年5月にはG7(主要国首脳会議・関係閣僚会合)も開催されます。

 

全国に誇る名所や旧跡

茨城県には偕楽園や筑波山など日本を代表する数々のスポットが点在しています。また、最近では、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも選ばれた国営ひたち海浜公園をはじめ、日本一高いバンジージャンプの竜神大吊橋や、ギネスにも登録されている牛久大仏などが人気スポットになっています。

「つくばスタイル」or「さとやま生活」

都市の利便性と豊かな自然環境、知的な環境が揃う「つくばスタイル」や、県北の里山でスローライフが実現できる「いばらきさとやま生活」など、個性的な暮らしが選択できます。

スポーツのメッカ

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する鹿島アントラーズと水戸ホーリーホックをはじめ、複数のスポーツチームが茨城県を本拠地として活躍しています。また、ゴルフやマリンスポーツ、スカイスポーツなど、世界選手権や全日本クラスの大会が多数開催されます。