JR宇都宮線や東北新幹線が通る小山市に隣接するとともに、国道4号・50号バイパスが交差するなど、交通網が発達しており、首都圏へのアクセスも優れた結城市。茨城県内では守谷市や取手市とともに、都心へ60分以内で通えるエリアです。その割に地価が割安なのも魅力。夢の庭付き一戸建てのマイホームを手に入れやすい地域です。
そんな結城市は歴史と文化が息づく街。駅北には旧市街地があり、古くからの寺社仏閣や見世蔵が残る地域でリノベーション落ち着いた生活を送りたい人にはうってつけです。一方で駅南部は、整然と区画整理された街並みの新興住宅地が市街地を形成しています。ホームセンターやスーパーマーケットなども充実しており、家族での移住におすすめです。一般不動産価格では、坪単価9.5万〜13万円程度が相場。たとえば60坪の土地を購入して35坪程度の住宅を建てたとすると2,500万〜2,700万円でマイホームが手に入ります。
また、結城市は若者が活躍する街でもあります。若者中心の市民団体「結いプロジェクト」主導で毎年開催されるマルシェ「結い市」や音楽フェス「結いのおと」は結城の象徴的なイベントです。若者たちが自ら参加して考え、作り上げるイベントができる街。それが結城なのです。週末だけ結城で暮らし、イベント運営に携わりながら結城を知ることも可能。また、地方創生の事業の一環として、起業セミナーなども開催しています。市内で起業したいという人に向けて、すでに結城市で活躍している企業家が講師となってセミナーを開催するなど、外からやってくる人にも大きく間口を広げています。もちろん、伝統工芸である結城紬に関わりたいならば、就職相談に乗ることも可能。
そして、結城市は子育て&教育環境にも優れた市です。子育て支援センターでは子育て相談や子育てに関する情報交換ができ、新しい土地でも安心して子育てができる環境をバックアップ。さらに、結城市は女性就職率が高いにも関わらず、保育園の待機児童数は『0』。病児保育事業を実施し、マル福医療福祉費の対象を高校生まで拡充するなど充実の子育て環境を実現しています。また、全小学校に放課後児童クラブを設置することで、働くお母さんを応援しています。
さて、そんな結城市を知ってもらうために、移住・定住を図るための事業としては、結城市ではイベントに合わせてくらし体験バスツアーなど、手軽に参加できるツアーを実施しています。2017年3月に「結いのおと」体験バスツアーを開催し、2日間で23名の参加者が結城を訪れました。結城市最大級のイベント地元の寺社や酒蔵で開催された音楽フェスを回りながら、結城市の街並みや暮らしぶり学校や医療機関、住環境施設などをバスで巡って視察がを体験しました。参加者からは、住環境については好感触の声が聞かれたが、最大の関心事はやはり雇用面。とういわけで、今後は今夏に予定されているコワーキングスペースのオープンと合わせて、サテライトオフィスの誘致を進めるなど、仕事場づくりと一体となった移住・定住事業を推進していく。と担当者。こういった情報は結城市の移住者向けPRサイト「結城で暮らす」で随時情報を発信しているのでチェックしてみてください。

結城市企画政策課の鈴木係長と池田主事。

結城市の街中にはいまなお古くからの歴史を感じさせる風景が残ります。

 

取材協力/企画政策課

茨城県結城市大字結城1447
TEL:0296-32-1111

結城市の情報はこちら

 

注目度急上昇!日野自動車古河工場周辺エリア特集

古河市
下妻市
八千代町
境町
結城市