地図
人口

78,557人

面積

240.40km2

農林&水産

起業&創業

空き家バンク

住居

教育

子育て

マル福/小児

マル福/妊産婦

体験&研修

お試し居住

東京まで約100km圏内、JRの駅が6つ、高速道路ICが4つある交通の便が良い笠間市。県立の基幹病院、市立病院など医療期間が充実。「健康都市かさま」を宣言し、市民の健康づくりに取り組んでいます。お試し移住、クラインガルテン、地域おこし協力隊、空き家バンク制度など、移住・二地域居住の体制も充実しています。

お問い合わせ先
笠間市・まちづくり推進課
所在地
〒309-1792 茨城県笠間市中央三丁目2番1号
電話番号
0296-77-1101(内線537)
ホームページはこちら

おもな支援制度

ご覧になりたい分野をクリックしてください。

農林・水産に関する支援制度

長期研修助成事業

農業大学校等農業研修施設や優良農家で実施する農業研修に1か月以上の研修を行う費用の助成。(認定農業者に限る)
※月額5万円/2年を限度

農業機械・生産施設更新整備事業補助金

農業機械及び生産施設の更新により、作業の省力化及び効率化を図る者に対して交付。(認定農業者に限る)
※1/2以内 上限50万円

営農研修等受講料助成金交付事業

農業大学校又はこれに準ずる公的研修機関に入校し、将来の就農を志す者に対し、農業技術及び農業知識の習得に必要な経費を助成。(16,000円以内)
※一人1回限り

農業者臨時雇用支援事業

臨時雇用契約による雇用者を確保して、農業経営の規模拡大に取り組む、また、認定農業者の作業の省力化及び効率化を図ることを目的する事業。(認定農業者に限る)
雇用者1人当たり月額20,000円を上限として最大6ヶ月間
※1年間の補助対象雇用者数の上限は2人

青年就農給付金事業

経営の不安定な就農初期段階の青年就農者に対して給付金を給付 年間150万円 ※最長5年

新規就農者支援事業

認定新規就農者の認定を受けた者又は受ける見込みが確実な認定農業者の後継者(45歳未満)が就農を開始した場合について交付。(月額5万円)
※3年を限度

新規就農者確保事業

青年就農給付金の対象者で借家住まいの方に対して給付金を給付(家賃2分の1以内)
※上限3万円/月・5年を限度

農政課

TEL: 0296-77-1101(代表)

起業・創業に関する支援制度

笠間焼陶芸家支援補助金

国の伝統的工芸品の認定を受けている笠間焼の担い手育成を推進し、地場産業である笠間焼の振興を図ることを目的に、予算の範囲内で、新たに笠間市内で製陶業を創業する者に対して、窯、ろくろ等の設備購入費用や工房等、制作施設の修繕費用の補助を行う。

商工観光課

TEL: 0296-77-1101(代表)

地域おこし協力隊起業支援補助金

地域おこし協力隊員の市への定住や活性化を図るため、協力隊最終年次及び任期終了翌年の起業する者の、起業に要する経費に対し補助を行う。

まちづくり推進課

TEL: 0296-77-1101(代表)

空き家バンクに関する支援制度

茨城県空き家バンク情報システム

「茨城移住なび」では、茨城県内の空き家バンクの登録情報を検索できるシステムをスタートしました。ぜひご利用ください。

茨城県空き家バンク情報検索システム
住居に関する支援制度

空き家活用支援補助金

空き家バンクに登録されている物件を修繕、取得又は賃貸する者に対し、予算の範囲内で補助金を交付する。

  • 修繕:修繕費用の1/2以内(限度額50万円)
  • 売買:取得価格の3%以内(限度額30万円)
  • 賃貸:家賃の2ヵ月相当分(限度額10万円)
都市計画課 空家政策推進室

TEL: 0296-77-1101(代表)

教育に関する支援制度

寺子屋事業

学校休業日に子どもたちの活動や学びの機会づくり、学習の場づくりとして、学力の向上、学習意欲の高揚の一助として、小学5~6年生を対象に、英語・国語・算数の学習を行っている。

生涯学習課

TEL: 0296-77-1101(代表)

英語教育強化推進事業

英語指導助手をすべての小中学校に配置し、各段階に応じた英語教育を充実することにより、児童生徒の英語力の向上を図っている。
市内小学6年、中学3年の児童生徒へ英語検定の公費助成を年1回行っている。

学務課

TEL: 0296-77-1101(代表)

子育てに関する支援制度

子育て世代包括支援センター

妊娠期から子育て期にわたるまでの間、安心して子育てができるようサポートするため、育児に関するワンストップ相談窓口の拠点として「子育て世代包括支援センター」を設置。

特定不妊治療費助成事業

少子化対策の一環として、特定不妊治療を実施する夫婦に治療費(保険外診療分)の一部として10万円を限度に助成。
また平成27年度から、特定不妊治療の一環として実施する「男性不妊治療」に対しても、条件により5万円上乗せ補助を実施。

健康増進課

TEL: 0296-77-9145

マル福/小児に関する支援制度

  • 小児外来の対象を小学6年生から中学3年生までに拡大
  • 自己負担金及び入院時の食事療養費全額を助成(小学6年生まで)
マル福/妊産婦に関する支援制度

  • 自己負担金及び入院時の食事療養費全額を助成
体験・研修に関する支援制度

笠間クラインガルテン(笠間クラインガルテン事務所)

都市と農村との交流を目的とした滞在型 の農業体験施設です。

体験項目

市民農園(野菜つくり)、田植え体験、イチゴ狩り、ブルーベリー狩り、リンゴ狩り、栗ひろい、そば打ち体験、竹炭作り体験、ジャム作り体験、たけのこ掘り 等

連絡先

〒309-1633 茨城県笠間市本戸4258
TEL: 0296-70-3011

ホームページはこちら
お試し居住に関する支援制度

対象者

笠間市外に在住し、笠間市への移住を検討されている方(申請者は20歳以上の方)

期間

1週間から4週間
※利用期間は平成28年3月末までとなります。

利用料

1団体につき、1泊2,000円(光熱水費込み)
※食費や交通費、生活に必要な消耗品等は自己負担となります。

くわしくはお試し居住のページをご覧ください

教育・医療機関

教育機関数
保育所数
10
幼稚園数
7
小学校数
11
中学校数
6
高等学校数
2
その他
 
備考

保育所数内訳(保育所:7、認定こども園(幼保連携型):3)
幼稚園数内訳(幼稚園:2、認定こども園(幼稚園型):5)

医療機関数
病院数
5
診療所数
29

交通アクセス

おもな公共交通機関
鉄道

JR(常磐線・水戸線) 友部駅、岩間駅、宍戸駅、笠間駅、稲田駅、福原駅

市役所・町村役場から東京までのアクセス・所要時間
自動車の場合

常磐自動車道「友部IC」から約1時間30分

鉄道の場合

友部駅から約1時間10分 ※特急

高速バスの場合

笠間手越停留所から約2時間

関連リンク

笠間稲荷神社

笠間いなり寿司