これからの「働く、暮らす」を
考えよう

仕事と暮らしのバランスをとり、どちらも充実させるという考え方「ワークライフバランス」。
仕事と暮らしは対立するものではなく、双方を統合させて生活の質を向上させるという考え方「ワークライフインテグレーション」。
暮らしを実現する手段のひとつに仕事があるという考え方「ワークインライフ」。
働くこと、暮らすことへの考え方は人それぞれ。
新型コロナウイルス感染症で、自身の働き方や暮らし方を考えるようになった方もきっと多いはず。
茨城県は、地域の営みを肌で感じてもらいながら、これからの「働く、暮らす」を考える「ワークライフジャーニー」という機会を提供します。
あなただけの仕事と暮らしの在り方を探しに行く旅にでてみませんか?

各市町村でテレワーク体験プログラムや支援策を用意しています

県内の市町村では、その土地の雰囲気を感じてテレワークを試すことができる体験ツアーなどのイベントや
移住を本格的に検討したい方が気になる住宅取得への補助など、さまざまな支援策を用意しています。

茨城県でテレワークを体験しよう!

海や山でのテレワークなどに興味がある方はとても多いようですが、
アクセスや気候、作業場所、インターネット環境など、その場所を訪れないとわからないこともあり、実際に行動を起こすには時間もかかるはず。
体験ツアーでは、その土地のテレワーク環境を案内しつつ、地元で働く方々や移住者から生の声を聞ける機会を提供します。

大子町

テレワークツアー

大子の特産である奥久慈茶を満喫しながらのテレワークや、地域の方との交流を行う1泊2日のプログラムです。
里山ゲストハウス「Lahar(ラーハ)」の滞在や、雰囲気がいいカフェでの昼食など、大子ならではの体験で、移住後のイメージが膨らみます!

日  程:令和2年11月12〜13日、令和3年1月(予定)
申込〆切:11月1日(日)24時まで
※参加者は抽選にて決定します。抽選の結果は11月2日(月)18時までにメールにてご連絡いたします。

詳しく

笠間市

笠間暮らし体験ツアー

笠間焼の窯元や酒蔵、美術館めぐりと農業体験、さらには映えると話題の石切山脈にも足を伸ばす1泊2日のプログラムです。
宿泊施設付き市民農園「笠間クラインガルテン」に滞在し、笠間の里山を満喫!

日  程:令和2年12月18〜19日(予定)
募集時期:11月募集開始予定

詳しく

結城市

トライアルワークステイ

結城ならではの仕事体験と地域の方との交流で、移住後の生活をまるまる味わう1泊2日のプログラムです。 見世蔵や寺社が並ぶ中世からの町割りや旧呉服店をリノベーションしたシェアスペースなど、古いものと新しいものが共存する結城で、新たなライフスタイルを体験しませんか?

日  程:令和2年12月、令和3年1月(予定)
募集時期:11月募集開始予定

準備中

土浦市

テレワーク移住体験ツアー

土浦駅直結の「星野リゾートBEB5土浦」に滞在!
テレワークの合間には、ナショナルサイクルルートに指定された「つくば霞ヶ浦りんりんロード」や土浦のまちをサイクリング!
移住者との交流もあり、土浦での生活が体験できる3泊4日のプログラムです。

日  程:令和3年1月下旬〜2月(予定)
募集時期:12月上旬募集開始予定

詳しく

潮来市

ライフバランスtoテレワーク

「古民家に暮らすように泊まる」をコンセプトにした「水郷旧家磯山邸」に滞在!
テレワーク設備も、家族で楽しむ体験メニューも充実していて、潮来市での「ライフバランスとテレワーク」を体験する3泊4日のプログラムです。

日  程:令和3年2月4〜7日、2月18日〜21日(予定)
募集時期:令和3年1月中旬募集開始予定

詳しく

テレワークで茨城県に移住しよう!

今まで、出身地に戻りたい、自然の中で働きながら暮らしたいという想いを持つ方も仕事の都合などで諦めることもあったでしょう。
テレワークが進み、出勤の機会が減ったことで、住む場所が自由に選択できるようになってきました。
県内の市町村では、住まいの取得や空き家のリフォームへの補助など、移住に向けた手厚い支援を行っています。

市町村の取り組みの一例を紹介します。

大子町

子育て世帯住宅建設助成金

18歳以下のお子様がいる世帯が、町内の建設業者を利用して大子町内で住宅を新築する際の工事費を最大200万円助成します。

支援額

  • 床面積1平方メートルにつき2万円、上限200万円

詳しく

常陸太田市

空き家リフォーム工事助成金

常陸太田市空き家・空地バンクに登録されている物件の購入者、賃借人の方を対象に、空き家のリフォーム工事費を最大100万円助成します。

支援額

  • 上限100万円、補助率1/2(地域材を使用した場合には、10万円加算)

詳しく

日立市

ひたちテレワーク移住促進助成金

県外企業等に勤めながら、または、県外企業等から受注してフリーランスで活動しながら、テレワークをきっかけに日立市に移住する39歳以下の方を対象に、住宅取得費、家賃、テレワーク機器購入費等を助成します。

支援額

  • 住宅取得支援:最大151万5千円助成
  • 家賃支援:最大101万5千円助成
  • テレワーク機器購入費等支援:40万円助成

詳しく

稲敷市

若年夫婦及び三世代同居マイホーム取得支援制度

市内で新築住宅を取得した40歳未満のご夫婦世帯などを対象に、最大140万円の助成金を交付します。

支援額

  • 転入世帯かつ子育て世帯の場合:100万円
  • 転入世帯かつ子育て・三世代同居世帯の場合:140万円

詳しく

神栖市

かみす子育て住まいる給付金

市内で住宅を取得した45歳未満の子育て世帯等を対象に、住宅取得費の一部として最大100万円を助成します。

支援額

  • 基本額:25万円(新築、建売・中古住宅の購入)
    子の人数、家の場所、転入者か否か等、条件により加算額があります。
  • 上限額:100万円

詳しく

その他の市町村の支援策はこちらから(xls:207kb)

市町村の情報、県内のコワーキング施設の情報はこちらから

県内全域の住まいに関する情報はこちらから