お知らせ・イベント INFORMATION

NEWS

if design project特別編 阿字ヶ浦の海を活用した新しいコト・サービスを企画する

2018年から茨城県移住促進事業で始まったif design projectのショートプログラムが2日間限定で
開催されることになりました!

開催場所はひたちなか市にある阿字ヶ浦が舞台です。
以下が大まかなプログラムになります。
・現地フィールドワーク
・特別講師からのアドバイス
・テーマオーナー:イバフォルニアプロジェクトからの課題感の共有
・アイデアソン
・チームごとのプレゼン発表

茨城県内で地元の課題に対して、アクションを動かしたい人とともに2日間、阿字ヶ浦でプログラムを通じて、新しいアプローチの仕方を考えてみませんか?

***********************
【テーマ】 
if design project特別編 
阿字ヶ浦の海を活用した新しいコト・サービスを企画する
〜100年続く阿字ヶ浦の海の未来とは〜

【日時】★両日参加できる方
10月19日(土)9:30〜20:30(懇親会含む)※宿泊は各自予約 
10月20日(日)10:00〜16:00

【集合場所】10/19(土)9:30 勝田駅
      勝田駅からマイクロバスでの移動&フィールドワークになります。

【メイン会場】阿字ヶ浦クラブ

【アクセス】茨城県ひたちなか市阿字ケ浦町9

【プログラム】
10/19(土)
・9:24 勝田駅(上野8時発:ひたち3号 [いわき行き])
・9:40 オリエンテーション
・10:15 バスにてフィールドワーク
・13:00 ランチ
・13:45 特別講師からのインプット
・15:00 アイデアソン
・18:30 中間発表
・19:00 懇親会
・20:30 終了 各自チェックイン

10/20(日)
・10:00 オリエンテーション(阿字ヶ浦クラブ)
・10:20 アイデア整理
・12:30 ランチ
・13:30 プレゼン準備
・15:00 最終プレゼン
・15:30 総評
・16:00 解散

※3チームほどになってグループにてディスカッションを行います。
※細かなスケジュールは多少変更になる可能性があること、予めご了承ください。

【参加対象】
・2日間参加できる方
・茨城県にゆかりがある
・茨城県出身で未来に向けて何かを行いたい
・地方創生の考え方を学びたい
・アイデアソンに興味がある

【参加費用】
5000円
※懇親会費用や貸切バス代を含む
※現地までの交通費や宿泊費は別途ご負担となりますので、予めご了承ください。

【申込】
下記URLから、チケットを購入ください。
https://ifdp2019ajigaura.peatix.com/view
締切:2019年10月6日 ※ただし、定員になり次第申し込み終了
※参加予定にしただけでは、参加となりません。必ずpeatixからチケットをご購入ください。
https://ifdp2019ajigaura.peatix.com/view

【諸注意】
※交通費・宿泊費は各自になります(プログラム参加費に含まれておりません)
※2日間にわけてのプログラムなので、宿泊を推奨いたします
※ただし宿泊については各自でのご予約となります。
・阿字ヶ浦ホテル一覧 
 http://www.hitachinaka-sa.com/member/shukuhaku_list.php?dtype=3&area=2
※茨城県在住者は通いでも大丈夫ですが、フィールドワーク等は同じバスでの移動になります

【持ち物】
・ノートパソコン(プレゼンはPowerPointを考えておりますので、ぜひお持ちください。※ノートパソコンがないという方は、資料の論理構築・絵を描く・発表する等、別の面でご協力ください)
・ポケットWifi等(お持ちの方)
・メモ帳
・ペン
・砂浜を歩きやすい服装
・宿泊の方は宿泊セット
 
【特別講師】
原大祐(はら だいすけ)さん
・NPO法人西湘をあそぶ会 代表理事
・㈱Co.Lab代表取締役
・㈲湘南定置水産加工代表取締役
・関内イノベーションイニシアティブ株式会社 取締役
1978年生まれ。神奈川県大磯町にてまちのリノベーションに取り組む。 荒廃農地の再生プロジェクト「僕らの酒」、「正月に箱根駅伝を見ながら無農薬こた つみかんを育てるプロジェクト」、港・海水浴場の再生として漁協直営の食堂「めし や大磯港」、水産加工業「湘南定置水産加工」、「大磯 港の直売所」、「大磯市 (いち)」、「砂浜ビアガーデン」、空き店舗再生として「OISO1668」、「つきや ま Arts&Craft」などのプロデュースを行う。

【受け入れパートナー】
イバフォルニア・プロジェクト 
「阿字ヶ浦の海を、カリフォルニアの海のように明るく自由で開放的な空間へ生まれ変わらせたい」「夏だけのレジャースポットから脱却を図り、季節を問わず人の集う場所にしたい」という思いを掲げるプロジェクト「イバフォルニア・プロジェクト」メンバーたち。 地元の若手経営者が集まり、有志活動として動いている。
▶Facebookページ
https://www.facebook.com/ibafornia/
 
【ファシリテーター・運営企画】
鈴木高祥(すずき たかあき)
株式会社カゼグミ 代表取締役 /茨城移住計画 共同代表
1981年生まれ。茨城県水戸市出身。2018年4月株式会社カゼグミ代表取締役。茨城移住計画では、茨城出身・在住者を中心とした任意団体として、「お盆とお正月以外に帰れる1日を増やす」をコンセプトに、都内でのイベントや茨城県内でのプロジェクト の可視化を行い、関係人口の入り口のデザインをしている。カゼグミでは、ファシリテーションとソーシャルザインの企画・プ ロジェクト進行をメインに事業展開を行いつつ、茨城での暮らし方や茨城県のプロジェクトへの関わり方を提案している。他、 Think the Earth推進スタッフ、一般社団法人WorkDesignLabパートナー、BUKATSUDO 鍋部部長、他。

【主催】
茨城県

【企画・運営】
㈱リビタ×茨城移住計画