地域おこし協力隊 Cooperation team

地域おこし協力隊 県内各地で活動中!

地域おこし協力隊とは

「地域おこし協力隊」とは、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度です。

茨城県内の「地域おこし協力隊」

茨城県では、県内20以上の自治体で、70名を超える地域おこし協力隊員が活動しています。その中の一部の隊員の活動をこちらで紹介します。

稲敷市 伊藤 歩

稲敷市 伊藤 歩さん

【活動内容】
・自転車ツアーイベントの企画、ガイド
⇒自転車で地域を知るツアーや自転車と他のアクティビティを掛け合わせたツアー(カヤック、釣り etc)の実施。
・稲敷市の自転車 PR 事業
⇒稲敷市自転車 PR タイトル「イナシキライド」のブランディング、ルート開発・マップ制作(紙・WEB)、PR 動画制作、サイクルサポートステーションの整備、レンタサイクルの運用など、市の自転車事業全般を取り扱っている。イナシキライドHP(https://i10aym.wixsite.com/musan)
【協力隊になったきっかけ】
学生時代から自転車で旅をすることが好きでした。仕事の関係で稲敷市を知り、そこでサイクリストたちが沢山いる霞ヶ浦の光景や、りんりんロード周辺の自治体の盛り上がりを感じ、自転車を活用し
たまちづくりに自分も参加してみたいと思いました。稲敷市はこれからいろいろ取り組んでいこうとしており、僕の関われる部分も大きいと感じました。

鹿嶋市 大澤 智枝

鹿嶋市 大澤 智枝さん

【活動内容】
・既存イベントのサポート、新規イベントや体験型観光の創出
⇒「いばらきよいとこプラン」という茨城県の募集型ツアーで、鹿嶋市&潮来市の日帰りバスツアーを企画。
・地域情報の発信
⇒SNS(https://www.instagram.com/kashima_okoshi1)での情報発信、鹿行ナビ(https://rokko-navi.media)という観光情報サイトへの執筆活動、地元ラジオへ定期的に出演。
【協力隊になったきっかけ】
お城巡りが好きで全国を旅行するうちに、騒々しい都会で暮らすより、地方でのんびり暮らしたいと考えるようになりました。また、鹿嶋市の活動内容が、観光関連の仕事に長年従事した自分の得意分野を活かせると考えたことから応募しました。

下妻市 鵜飼 成久

下妻市 鵜飼 成久さん

【活動内容】
・ふるさと納税推進業務
⇒ふるさと納税に関する返礼品の開発や、事業者のサポート、返礼品の撮影などを担当。
・地域情報の発信
⇒WEB サイト「しもつまっぷ」(https://www.shimotsumap.com/)を作成し、飲食店や観光情報など下妻市の魅力を発信。
【協力隊になったきっかけ】
下妻市を選んだ一番の理由は「人」です。着任前に訪れた際に、丁寧に案内してくれた担当職員さんや、初対面にも関わらず気さくに話しかけてくれる地元の方々の優しさに触れ、下妻市に決めました。また、下妻市には美味しいものが多く「食」の魅力を強く感じたことも決め手となりました。お米や、豚肉、梨、メロン、スイカ、白菜など、どれも自分の好きなものばかりで「たくさんの美味しい」を市外の人へ伝えたいと思いました。

水戸市 田中 貴史

水戸市 田中 貴史さん

【活動内容】
・農業支援
⇒市内農家さんへの農業支援を実施。協力隊任期終了に市内での独立就農を目指している。
・活動情報の発信
⇒水戸市地域おこし協力隊 NOTE(https://note.com/mito_chiiki/)に活動やねぎレシピを掲載している。
【協力隊になったきっかけ】
前職でもほかの地域で協力隊として、鳥獣害対策の活動をしていましたが、そのままその活動を生業として、生活していくことは困難と考え、定住を断念しました。まずは農業を中心とした活動をして定住しようと考え、年間を通して収穫ができるネギかキノコが作れるところを探していたところ、水戸市でネギ部会への農業支援で、協力隊の募集をしているのを見つけて、応募しました。

常陸大宮市 星野 由季菜

常陸大宮市 星野 由季菜さん

【活動内容】
・お祭り等を軸としたコミュニティの強化
⇒現在はお祭り等のファンを増やすための情報発信として「ひたちおおみや祭時記」を広報誌へ掲載中。
・中学2年生向けライフデザイン教育の実施
⇒市内の中学2年生を対象に、夢の描き方や市内で活躍する社会人による講演の場の設定などを行っている。
【協力隊になったきっかけ】
常陸大宮市の出身で、大学を卒業するまで同市に暮らしていました。きっかけは大学時代のボランティアで、常陸大宮市の伝統的なお祭り「西塩子の回り舞台」に関わったことです。おいしい食や気持ちのいい自然、温かくて熱いまちの方々と接し、ここで家族やまちの人が喜ぶことに携わりたいと思いました。人が輝くと地域も輝くと信じ、活動を継続していきます。

「地域おこし協力隊」募集情報

【山と生きる】林業で山を元気に!!求ム!林業隊員

常陸太田市

募集人数
1名
応募期限
令和4年8月22日(月)

林業を生計とした担い手となり,常陸太田市の林業を一緒に盛り上げてくれる方を求めています。

詳しく見る

八千代町

募集人数
2名
応募期限
令和4年6月30日(木)

梨農家の方の支援を受けながら栽培技術を学び、新規就農を目指す協力隊員を募集します。

詳しく見る

提案型:あなたの想いとスキルを笠間市のまちづくりや地域振興に活かしてください!(2名程度募集)

笠間市

募集人数
2名
応募期限
令和4年2月28日(月曜日)

魅力的なまちとなり関係人口や移住者を増やしていくために、外部からみた目で笠間市の魅力を引き出し、足りないものを強化していく必要があると考えます。そこで、この度は自由な発想で提案いただける「提案型」の地域おこし協力隊を募集することになりました。

詳しく見る

【募集】笠間市の魅力を日常に取り入れた「かさまくらし」を伝える移住コンシェルジュを募集します!

笠間市

募集人数
1名
応募期限
令和4年2月28日(月曜日)まで

多種多様な生き方の選択として ”移住” を考える流れの中、地方での日常の「暮らし」を提供する必要があると考え、笠間市ならではの魅力ある「かさまくらし」をご案内する窓口「移住コンシェルジュ」の活動をしていただきます。

詳しく見る

【KENPOKU PROJECT Eメンバー募集】

募集人数
最大11名
応募期限
随時受付(応募状況により受付終了となる場合があります)

 茨城県では、県北地域(※)において、首都圏等を中心とした地域外からの新しい視点で、県北地域の地域課題の解決や地域資源の活用につながるビジネス等に取り組み、その成果を地域に広く波及させることができる人材を支援し、ビジネスによる地域経済の発展や地域活性化に寄与することを目指しています。
 ※ 県北地域:日立市、高萩市、北茨城市、常陸太田市、常陸大宮市、大子町の6市町

詳しく見る

笠間市

笠間市

募集人数
各1名
応募期限
令和3年8月31日(火)

来月オープンする「道の駅かさま」を一緒に盛り上げていただく隊員と、新たな人の流れを創出する「移住推進」の活動を担う隊員をそれぞれ1名ずつ募集しています。
あなたの手で新たな賑わいを!
ぜひご応募ください。

詳しく見る

令和3年度 神栖市地域おこし協力隊募集

神栖市

募集人数
1名
応募期限
2021年10月29日(金曜日)まで。
ただし、10月29日(金曜日)午後5時までに観光振興課へ到着分に限り受け付けます。

神栖(かみす)市では、観光客を増やすために、私たち市職員のサポートのもと「神栖市の魅力を知って・広めて・増やす」活動に挑戦し、活動終了後に市内に定住してくれる人を大募集中です!
 海、ピーマン、サバ、スポーツ、サーフィン、釣り、フィルムコミッションなどを素材に、あなたの好き・得意を生かした仕事をするチャンスかも?
さらに、太平洋に面した市だからできる、お仕事前に釣りやサーフィンを楽しむ暮らしなど、ライフワークバランスの実現も神栖でなら夢ではありません。
 東京まで90分、ほどよい田舎の神栖市へ移住してみませんか?
 詳しく、JOINのHPをご確認ください。

詳しく見る

\地域おこし協力隊募集!/ 日本一のヤマザクラの里の恵みを あますことなく発掘・創造・発信する「地域商社」を共に創ろう!

桜川市

募集人数
2〜3名
応募期限
令和2年10月30日(金)

桜川市は、茨城県の中西部に位置するヤマザクラの美しいまちです。

当市は、豊かな自然環境の下、肥沃な大地を活かした農業、日本三大石材産地を構成する石材業を中心に発展してきましたが、働き手の高齢化や若者の農業離れによる担い手不足、外国産石材の台頭や生活スタイルの変化による石材需要の減少により、地域の稼ぐ力が急速に失われています。

しかし、市内では、常陸秋そば・こだますいか・樹熟トマト・酒寄みかんをはじめとする高品質な農産物、受け継がれた匠の技で作り上げた一級の石材加工品をはじめ、その他にも国内外に誇れる魅力ある産品がたくさん作られています。

現在、これら当市の優れた商品やサービスを発掘・創造・発信し、これまで以上の収益を地域にもたらし、桜川市民に笑顔をもらたすリーディングカンパニーとなる「地域商社」の設立を目指しており、その立ち上げ段階から共に汗をかいてくださる仲間を募集します!

詳しく見る

稲敷市地域おこし協力隊

稲敷市

募集人数
3名
応募期限
令和2年10月1日(木)~令和3年1月29日(金)まで(必着)

稲敷市では,人口減少や高齢化が進行するなか,都市地域の意欲あふれる人材を積極的に受け入れることによって,市が活気にあふれ,元気になる施策を推進するとともに,市への移住・定住につなげ,地域の魅力の再発見や,地域活性化の新たな展開を期待して,次のとおり「地域おこし協力隊員」を募集します。

詳しく見る

潮来市の地域おこし協力隊の募集

潮来市

募集人数
1名
応募期限
平成31年1月20日~3月31日

茨城県潮来市では、自身のスキルを活かして地域の活動を行う「地域おこし協力隊員」を募集します。

詳しく見る

茨城県のサポート体制

茨城県では、県内で活動する隊員向けに各段階やニーズに合わせた学びの機会を用意しています。自治体担当職員向けの研修や、隊員OB・OGと連携したサポートなど、受入体制の構築に積極的に取り組んでいます。

隊員初任者研修会

① 隊員初任者研修会

概要
活動していくうえで必須となる基礎的な知識やスキルを身に付ける
実施時期
5月20日、10月6日
実施場所
オンライン
主な対象者
任用1~2年目の隊員

座談会

② 座談会

概要
参加者が活動や悩みを話し合える場を提供することにより、今後行うべきアクションを発見するとともに、隊員やサポーター同士が、自主的に応援し合える関係性をつくる
実施時期
8月17日、11月9日、2月1日
実施場所
8月オンライン、11月おへそ@常陸大宮市、2月メゾンケンポク@常陸太田市
主な対象者
任用1~3年目の隊員

自治体担当職員研修会

③ 自治体担当職員研修会

概要
協力隊制度の理解や受入に向けた企画・体制づくり、活動ポート方法、任期終了後の定住に向けたサポート体制について理解を深める
実施時期
5月21日(基礎編)、7月13日(募集編)、10月5日(活動・定住編)
実施場所
オンライン
主な対象者
地域おこし協力隊を任用する(導入予定)の自治体職員

テーマ型セミナー

④ テーマ型セミナー

概要
協力隊が活動していく上で必要となる、需要の高いテーマを年度ごとに設定し、知識やスキルを身に付ける
令和3年度のテーマ:地域おこし協力隊任期終了後の就職や複業に関する内容
実施時期
9月14日
実施場所
オンライン
主な対象者
任用1~3年目の隊員

「地域おこし協力隊サポーター」の紹介

県内協力隊OB・OGや地域コーディネーターとして活動している方が、「地域おこし協力隊サポーター」としてセミナーの企画や運営に関わっています。座談会ではサポーターと直接話すことも可能です。自身の活動や任期終了後の働き方・活動の継続方法など、気になることを話してみてはいかがでしょうか。

井上 岳 

井上 岳 さん

 サポーター2年目
 元・石岡市地域おこし協力隊,現在も石岡市在住。

 協力隊としての活動内容は,観光交流分野を基軸とした古民家の活用や森林の整備でした。
 現在も,森林の整備を継続しており,山の可能性の探求やシェア工房BONCHIの運営を行っています。

 協力隊時代や現在の経験から,場づくりなどについてサポートできます!
 「協力隊」ということに捕らわれずに,やりたいことをやりましょう!

参考
 シェア工房BONCHI
   https://www.facebook.com/studioBONCHI/

瀧田 暁月 

瀧田 暁月 さん

 サポーター2年目
 元・石岡市地域おこし協力隊,現在も石岡市在住。
 
 協力隊時代には,「アートサイト八郷」を活用し,里山の中の茅葺き屋根の民家と棚田で地域と大学生を巻き込んだイベントを企画・運営を行っていました。
 イベントの他にも,茅葺きの保全活動や茅材料であるシマガヤの栽培実験をしたり,地域のものづくり拠点「シェア工房BONCHI」を立ち上げ,運営。
 現在も活動を継続しているほか,茅葺き技術の見習いや茅葺き事業の株式会社立ち上げに携わっています。

 イベント企画や場の運営,古民家活用,クラウドファンディングの分野でサポートできます。
 協力隊活動中には辞めようかと悩んだこともありましたが,最終的には協力隊で行った茅葺きに関する活動を,任期後の活動に繋げることができました。
 自分が悩んで助けられた分,今度はサポートする側として,話を聞いたり伝えたりできればと思っています! 

参考
 萱栽培
   https://www.facebook.com/kayabukiwoikasu
 シェア工房BONCHI
   https://www.facebook.com/studioBONCHI/
 アートサイト八郷
   https://www.facebook.com/yasatotanken/

 


田中 楓 

田中 楓 さん

 サポーター2年目
 元・石岡市地域おこし協力隊,現在も石岡市在住。

 協力隊のときは,中心市街地活性化担当でした。
 駅前のカフェで賑わい創出を目的に工作体験や壁塗りなどの内装ワークショップをやったり、お土産づくりなどをしていました!
 現在は,シェア工房BONCHIの運営をしています。

 協力隊という他にあまりいない職なので,私自身も当時分からなかったことや困ったことで役立ちそうなことをお話したいです!

参考
 シェア工房BONCHI
   https://www.facebook.com/studioBONCHI/

近藤 弘志 

近藤 弘志 さん

サポーター1年目。
元・茨城町地域おこし協力隊、現在は島根県隠岐郡西ノ島町に在住。

 協力隊としては、空き店舗を活用した地域のコミュニティスペース「Koco・de(ここで)」の運営、住民向けの地域づくりセミナー「さと学」の企画、高校生のプロジェクト伴走、県内協力隊合同プロジェクト「地域おこし協力隊EXPOinいばらき」のクラウドファンディングなどの活動を行っていました。

 現在は、地元(島根県)の島で実家のスーパーを継業、カフェ開業に向けての準備、高校魅力化プロジェクトへの関与などの活動をしています。

 コミュニティスペース・憩いの場等の運営、クラウドファンディング、地域プロジェクトの立上げの分野でサポートができます。

 現在は島根県の離島に住んでいます。関われるのはほぼオンライン上になるかもしれませんが、茨城という地で活動する人を僕は応援したいです!させてください!いつでもお気軽にお声がけください!

塚田 慎 

塚田 慎 さん

サポーター1年目。
元・常陸太田市地域おこし協力隊、現在も常陸太田市在住。

 協力隊時代は、移住・定住促進のため、お試し住居の管理や移住相談を受けていました。

 現在は起業して移住支援、KENPOKU PROJECT Eのコーディネート業務に携わっています。

 Will・Can・Mustを整理し、充実した活動をするための道標を一緒に見つけていきましょう!同じ3年間なら、楽しみながら活動した方が絶対に良いです!!

星川 理恵子 

星川 理恵子 さん

サポーター1年目。
元・茨城町地域おこし協力隊、現在も茨城町に在住。

 協力隊としては、町の魅力発信の活動を行っていました。

 PRに関すること、ニュースリリース作成~情報発信、SNS運営、ものづくりの制作進行の分野でサポートができます。

 茨城県出身なので、何か少しでも役に立てることがあればと思います。

松崎 侑奈 

松崎 侑奈 さん

サポーター1年目
 元鹿嶋市地域おこし協力隊、一期生の松崎侑奈と申します。一期生であり、3年間1人。そして毎年担当者が変わるという経験をしてきました。そんな中でもとても人に恵まれ、充実した3年間を過ごすことが出来ました。
 
 活動内容は観光系の情報発信・デザイン・その他移住希望者案内や広域連携企画、イベント協力を行っていました。また、地域コーディネーター育成プログラムにも参加していました。
 
 現在は鹿嶋市に定住し、海と関わりながら、コミュニティを大切にした場づくり空間を目指し奮闘中です。お気軽にご相談ください!

参考
 twitter
  https://twitter.com/kashima_yuna03

松原 功 

松原 功 さん

サポーター1年目
元・常陸大宮市地域おこし協力隊、現在も常陸大宮市に在住。

 協力隊としては、市内の森林を複合的に活用し、林業だけにとらわれない多様な森づくりと6次産業化を目標とした間伐体験等を実施。また、イノシシをはじめとする鳥獣被害対策を考慮した、くくり罠づくり体験等の狩猟関連イベントを開催していました。

 現在は、自宅兼コミュニティスペース(おへそ)での定期的なイベントの開催、木材・木工品等を取り扱う工房開設の準備をしています。

 木材やイノシシなどの里山資源に対する取組・自然体験系イベントの企画運営・関係性構築(地域・行政・パートナー)などに関する分野でサポートができます。

 「やってみたい!」の気持ちや「どう生きていきたいか?」の想いに寄り添えるサポートができればと思っています。

参考
 おへそ
  https://ohesogurashi.com/